簡単便利なパスワード管理ソフトID Manager

ポイントサイトに登録する際は、サイトごとにIDとパスワードが必要になります。セキュリティのことを考えると、サイトごとに複雑なパスワードを設定した方が安全なのですが、入力が面倒だったり、忘れてしまったりします。紙に書いておいたり、メモをパソコンに保存したりすることもできますが、カギをかけたり暗号化したりしていないと安全とは言えません。

 

セキュリティと利便性を兼ね備えたパスワード管理ソフト「ID Manager」の利用をおすすめします。

 

ID Manager とは

ID Managerとは様々なサイトのID、パスワードなどを暗号化して保存するソフトです。ID Managerを開くためのパスワードを一つ覚えるだけで、全てのパスワードを管理することができます。

 

ID Managerの画面

パソコンにデータを保存するときと同じように、名前を付けたフォルダを階層化させてID管理ができるため、IDの整理がしやすく、久しぶりに使うIDの場所が分からないという事態をある程度防止できます。

 

ID、パスワード以外にも口座番号や電話番号、URLなどを保存することもできますし、メモ欄もあるため、そのサイトで行う予定や秘密の合言葉の質問と答えなどを保存することもできます。URLを保存しておくとボタン一つでサイトを開けるので、フィッシング詐欺の防止になりますし、いちいち新しいウィンドウにサイトを開く手間もなくなるので便利です。

 

ボタン一つでID、パスワードを貼り付けられる機能もあり、入力作業のわずらわしさも解消できます。サイトやブラウザなどの相性によっては貼り付けがうまくいかないこともありますが、ボタン一つでクリップボードにコピーができますので、コピー&ペーストだけでID、パスワードを入力することができます。

 

サイトごとにパスワードを考えるのは面倒ですが、自動でパスワードを生成する機能も付いているため、複雑なパスワードを簡単に生成することもできます。

 

ID Managerの使い方

ID Manager のダウンロード方法と基本的な使い方はソフトの開発者さんのページにまとめられているので、こちらのページを参考にしてみてください。

 

ID Manager 補足

補足すると、IDとパスワードをクリップボードにコピーするときは、それぞれの欄の左側にあるコピー用紙が二枚重なっているようなアイコンをクリックするとコピーできます。

 

パスワード生成は右上のPassと書かれたアイコンを押すとメニューが現れます。

 

デフォルトではタスクトレイに常駐する設定になっているので、_を押して最小化すると通常のウィンドウのようにタスクバーに収まるのではなく、画面右下のタスクトレイに収納されるのでご注意ください。設定画面を開き、表示設定タブのタスクトレイに常駐するのチェックを外すと通常のウィンドウと同じように操作できます。

 

その他の応用的な使い方は開発者さんのこちらのページにまとめられていますが、読まなくても普段使いには問題ないのではないかと思います。バックアップ方法などが書いてありますので、気になる方は読んでみてください。

 

一つのパスワードだけで全てのパスワードを管理できる便利なソフトID Managerをぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました